武器考察

 サイズ補正 >> 敵サイズによる補正。
 基本攻撃速度 >> 武器の基本攻撃速度。
 主な装備 >> シーフ、アサシンで扱える装備。
 武器持ち替え >> 武器の持ち替え方。

<< 戻る

サイズ補正

サイズ補正について

武器ATK(攻撃力)から以下の表の数字を乗算したものがサイズ補正になる。
(例 : 短剣ATK119*0.5(50%、大型時の補正)=59)

敵サイズ 短剣 片手剣 弓矢 カタール
小型 100% 75% 50% 100% 75%
中型 75% 100% 75% 100% 100%
大型 50% 75% 100% 75% 75%

<< 戻る
上に戻る▲

基本攻撃速度(Aspd基準)

基本攻撃速度について

 全てに基本攻撃速度は設定されている。この上で、装備者のAspd関係ステータスであるAgiとDexにより、最終 攻撃速度が算出される。

基本になる職 素手 短剣 片手剣 弓矢 カタール
シーフ 160 150 135 120 120 装備不可能
アサシン 160 150 135 120 装備不可能 150
アサシンクロス 160 150 135 120 装備不可能 150

<< 戻る
上に戻る▲

主な装備

扱える武器

 特にアサシンは特殊な持ち方をする為に、覚えておいて欲しい。

装備ウィンドウの下から三段目の二つの空白の場所が武器欄
シーフ時は、装備ウィンドウの左が右手武器欄、右が盾欄
アサシン時は、装備ウィンドウの左が右手武器欄、右が盾欄と左手武器欄

カタール類

 武器と盾の欄両方を使用する武器カテゴリー。基本的に一つで二つの武器があると考えると良い。 アサシンとアサシンクロスしか装備できない専用武器。

短剣類

 一刀流でも可能だが、アサシンとアサシンクロスの職では二刀流が可能。武器の欄と盾の欄をそれぞれ 消費することによって可能。

片手剣類

 一部の片手剣はアサシンにも装備出来る。武器欄と盾欄を消費する二刀流も可能。だが、攻撃速度(Aspd)が 極めて遅くなる為に通常は使用しない。アサシンクロスは、『ソウルブレイカー』使用時に片手剣を使用する 時が多い。宝剣など特定のスキルがオートで出る剣でなどでは遊ぶ事は出来る。

片手斧類

 一般的ではないが斧類に分類される一部の斧も装備可能。この場合は片手斧しか装備出来ないが、 両手に装備する事が可能。よって武器欄と盾欄を消費する二刀流が可能。

弓類

 武器と盾の欄両方を使用する武器カテゴリー。シーフ時だけ使用可能な弓。弓専門職ではない為、アーチャースキル『ダブルストレイフィング』、 『集中力向上』が無い他、高Dexに振らない限り攻撃力が弱いので、シーフから弓を使う型のローグに転職する人向け。

(盾類)

 盾欄である左手に装備出来る。装備シーフ時には両手装備が出来ないので、左手に盾を装備する。 アサシン時には武器の特性の為に、防御重視以外は装備する事は無い。アサシンクロス時には、 『ソウルブレイカー』を主に放つ型で、盾を装備する場合がある。

<< 戻る
上に戻る▲

武器持ち替え

持ち替えについて

 両手に武器が装備出来る、シーフの上位職業のアサシンでは、他の職とは違い武器の持ち替えは特殊なので、注意しよう。

初級(シーフ時)

 武器一つ一つの持ち替え。Fキーのショートカットリスト(3スロットまで。F12キーで切り替え)に、 それぞれの武器をドラッグし登録。そこに対応したショートカットキーを押す事で持ち替えができる。 武器に限らず防具でも同じことが言える。同じ武器の種類の場合は、一つのショートカットで済ます事ができる。

中級(アサシン時)

 それぞれ違った装備の組み合わせを覚える。

  • 素手から武器装備は、右手から装備
  • カタールからの持ち替えは、素手からと同じ扱い
  • 片手剣は、持ち替えは短剣と同じ扱い
  • 片手斧は、持ち替えは短剣と同じ扱い
  • 他職と同じく、左手にしか盾は装備する事が出来ない
  • 右手短剣、左手短剣から短剣装備は、左手に装備
  • 右短剣、左盾から短剣装備は、左手に装備

例1 : (素手)→(短剣)→(短剣)→(短剣)
 (素手)→(右短剣装備)→(左短剣装備)→(左短剣装備)になる。

例2 : (素手)→(カタール)
 (素手)→(カタール装備)になる。

例3 : (素手)→(短剣)→(盾)
 (素手)→(右短剣装備)→(左盾装備)になる。

例4 : (右短剣、左盾)→(短剣)→(短剣)
 (右短剣、左盾)→(左短剣装備)→(左短剣装備)になる。

例5 : (右短剣、左盾)→(カタール)
 (右短剣、左盾)→(カタール装備)になる。

例6 : (右短剣、左盾)→(盾)
 (右短剣、左盾)→(左盾装備)になる。

例7 : (右短剣、左短剣)→(短剣)→(短剣)
 (右短剣、左短剣)→(左短剣装備)→(左短剣装備)になる。

例8 : (右短剣、左短剣)→(カタール)
 (右短剣、左短剣)→(カタール装備)になる。

例9 : (右短剣、左短剣)→(盾)
 (右短剣、左短剣)→(右短剣、左盾装備)になる。

例10 : (カタール)→(短剣)→(短剣)→(短剣)
 (カタール)→(左短剣装備)→(右短剣装備)→(左短剣装備)になる。

例11 : (カタール)→(短剣)→(盾)
 (カタール)→(左短剣装備)→(左盾装備)になる。

例12 : (カタール)→(カタール)
 (カタール)→(カタール装備)になる。

例13 : (カタール)→(盾)
 (カタール)→(右装備無し、左盾装備)になる。
 

上級(コマンド使用)

 ゲームに慣れたら、以下のコマンドを使用してみるのも良い。だが、慣れるまでが大変難しいので、普通の人は 普通のF1〜F9のショートカットリスト使用を推奨する。

/battlemode(/bm)使用
 ショートカットリストに登録されたショートカットを、文字キーを使って全て使えるようになるコマンド。 文字キーのQ〜O(ショートカットリスト2)、A〜L(ショートカットリスト3)、Z〜>(ショートカットリスト1)に対応する。

 このバトルモードでチャットをする場合、最初に半角スペースを入れるか、Enterキー入力後に文字を打つ。 戻す場合は、Enterキーをもう一度押す事によって戻す事ができる。

 表示されているショートカットリスト以外は見えない為に、あらかじめ場所を覚えておく必要があり、慣れない内は 度々間違えたり、時には操作ミスで死亡する場合があるので気をつけてやらなければならない。 配置場所を変えた場合にも覚え直さなくてはならないので、敷居は高い。

 しかし、慣れればFキーのみの操作より、場合によって早くなる。多数のスキルや武器の持ち替えでFキーの9個だけでは 足りない方がそれに該当する。

/quickspell(/q1)使用
 右クリックでF9に登録されたスキル、装備を使用する事ができるコマンド。右クリックで視点変更を頻繁にする人には お勧めできない。

/quickspell2(/q2)使用
 マウスホイールで上にスクロールでF7、下にスクロールでF8に登録されたスキル、装備を使用する事ができるコマンド。 マウスホイールが無い人には出来ない。マウスホイールを動かす癖が有る人にはお勧めできない。 特に装備持ち替えに便利なコマンド。

<< 戻る
上に戻る▲